「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

2020年8月19日号(№478)

2020年8月19日号(№478) 
新月

2020年 葉月はづき 令和2年、平成32年、昭和95年、大正109年、明治153年

画像の説明画像の説明

1

2

3

4

絵日記

L

R

画像の説明画像の説明

新着ニュース


「施工と管理」銅屋根クロニクル-78-

八坂神社(京都)
京都のややこしさを象徴する疫病除けのスーパースター

画像の説明

祇園祭は、古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行したとき、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことにはじまる。

モリタ2019年後祭大船鉾巡行
寺社の屋根と同じ方法で葺かれた大船鉾の銅板屋根

本殿から楼門
こちらが正門になる南門。

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

448 八坂

銅屋根クロニクル-78- 八坂神社(京都府)

(画像をクリックすると拡大します。)

画像の説明

画像の説明

画像の説明

2020/07/25(土) 19:59:25|屋根|


「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館

我が国の防水の歴史を考察する上でどうしても欠かすことのできない文献が何冊かあります。
防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、そんな文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。

  • 主な収録項目

特集ページ


本サイトの内容の無断転載、および無断利用を禁じます

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional