「今の防水業界がこれでいいのか」「いい仕事をすること、社会的貢献をすることと、防水工事で利益をあげることは両立すべきだ」と考えるあなたに!

PHOTOダイアリー

ダイアリー

暑中お見舞い申し上げます

2018年盛夏

600 日々の日記

2018.8.11 18:30 小さな友人がよく冷えたパイナップルを一切れ、持ってきてくれました。「暑中お見舞いの絵を描いてくださいな」と、スケッチブックと鉛筆を渡して頼んだら「いいよ」 といって、すぐに描いてくれました。左下のネズミが思い浮かべているのは「アイスの木」 のようです。

2018/08/11(土) 23:42:03|PHOTOダイアリー|

2018年 立秋

2018年8月7日 午後10時31分 立秋

立秋
鈍足大雨台風接近中。

8月7日立秋より 八月葉月(はづき)。ハオチ(葉落)月の略。または稲の穂をはる月の意。

連載「奥のみず道」の次回は「防水3博士の~なぜ茅葺き屋根は雨漏りせぬか~論」。その後テーマは「the seal 勅封とは」、「フェルメールが描いた防水の絵」、「蛭子の乗った船はモーセと同じくアスファルトで防水されていたか?」と続きます。

2018/08/07(火) 22:31:00|PHOTOダイアリー|

2018年8月7日

画像の説明

2018/08/07(火) 00:35:51|PHOTOダイアリー|

平成30年八月一日 八朔、水の日

酷暑日酷暑時の国会議事堂

酷暑日、酷暑時の国会議事堂DSC06783 (2)
午後2時 

2018/08/02(木) 00:00:33|PHOTOダイアリー|

「燃ゆる土」初めて奉献

日本書紀に記載から1350年の慶節に初めて奉献

燃ゆる土
燃ゆる水と初めて並んだ「燃ゆる土」

燃土奉献 P7050140
初めての燃土奉献者は滋賀県防水工事業協会会長の杉本憲央氏(㈱メイコウ会長)

神饌
2018年7月5日 近江神宮燃水祭

2018/07/07(土) 23:32:10|PHOTOダイアリー|

エフロマニア⑧

えふろまにあ⑧

448DSC00187えふろまにあ⑧ 

エフロレッセンス(エフロ)は、コンクリート中の可溶性物質が、ひび割れを通ってコンクリート表面に移動し、空気中の炭酸ガスとの反応によって析出したもの。一次エフロレッセンスと二次エフロレッセンスがある。一次エフロレッセンスは、コンクリート内に存在した可溶性物質が水分の蒸発によってコンクリート表面で白く見えるようになったもの。打放しコンクリートの壁面・床面などに見られる。二次エフロレッセンスは、地下水や雨水など外部の水が貫通ひび割れやコンクリート表面を移動することによって、コンクリート中の可溶性成分が表面に移動し、ひび割れ周辺などで綿状あるいは、つらら状に成長したもの。

2018/06/29(金) 22:42:17|PHOTOダイアリー|

鶴川絵日記 20180621 夏至

夏至のアケビDSC06243
梅雨の晴れ間 2018年6月21日午後7時7分 夏至。

geshiDSC06241.jpg

2018/06/21(木) 19:07:51|PHOTOダイアリー|

エフロマニア⑦

エフロマニア⑦

エフロマニア⑦ DSC00186

エフロレッセンス(白華現象)が発生する原因は、モルタル中の水酸化カルシウムCa(OH)2 が、浸入した雨水などに溶けて目地やクラックからにじみ出し、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムCaCO3 となるからです。カルシウムだけではなくマグネシウムやナトリウム類が混じることもありますが、白く変色したように見えます。

2018/06/18(月) 18:29:08|PHOTOダイアリー|

出雲絵日記

参道は、木の鳥居からはじまる。

画像の説明
一の鳥居の笠木は、もちろん銅板。さらに足下にも。

2018/06/15(金) 20:12:41|PHOTOダイアリー|

苫屋根の下でショームを吹く妖精

苫屋根の下でショームを吹く妖精

2018/06/09(土) 01:47:20|PHOTOダイアリー|

6月17日までです

MUSEE exhibitions 007
Katsuhiro Saiki 2018 齋木 克裕 展 Non-Architectural Photographs
【日時】2018年5月23日(水)〜6月17日(日)11時〜18時 ※月・火は休廊
【場所】銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
【料金】入館無料
6/9(土)16:00〜17:00 ギャラリートーク「非建築的な写真」 アーティスト× ゲスト 梅津元(埼玉県立近代美術館 学芸主幹/芸術学)

始まります銀座ミュゼ

画像の説明
(画像をクリックすると拡大します。)

>>つづきを読む

エフロマニア⑥

エフロマニア⑥

448エフロマニア6 DSC00185 (2)

2018/05/20(日) 20:12:41|PHOTOダイアリー|

きっと鯉のぼり なんでしょうね

5月5日 端午の節句

きっと鯉のぼり なんでしょうねP2200677
猿江恩賜公園パークペインティング(2018.5.3)での作品より。 

近江神宮暦では「男児の節句であり、こどもの日であるとともに、母に感謝する日とされている。古くから女性の休みの日でもあった」と記されている。

2018/05/05(土) 00:01:45|PHOTOダイアリー|

ミュゼ板金屋

画像の説明

600ミュゼ 板金屋mise PG9P4039
板金屋の棚。ストリートオブクロコダイルを思い出す。

2018/04/29(日) 22:40:48|PHOTOダイアリー|

ぶどう

鶴川絵日記20180425

ブドウ

2018/04/25(水) 12:37:56|PHOTOダイアリー|

2018年4月23日 卯月上弦

上弦につき、ルーフネット更新。391号。

月没20180422PG9P3694
武相荘、上弦の月没。 

月のフェイズに合わせて更新する、ほぼ週刊ルーフネット。おかげさまで8年です。

2018/04/23(月) 01:06:01|PHOTOダイアリー|

平成30年 穀雨

平成30年4月20日、午後12時12分 穀雨こくう 

穀雨の朝 DSC07000

24節気の一つ。こくう:春雨に五穀潤い成長する。(近江神宮開運暦より)
もちろん木々もぐんぐん新芽を伸ばす。2018.4.20穀雨の日の早朝。

2018/04/20(金) 12:12:00|PHOTOダイアリー|

大阪屋上低速鉄道①

大阪屋上低速鉄道 あべの線①

大阪屋上低速鉄道①あべの P1040413
2018年撮影:佐藤孝一

2018/04/12(木) 22:46:15|PHOTOダイアリー|

RCによく似合うモクレンの2方向拘束実験

鶴川絵日記20180330

RCにモクレンはよく似合うDSC05251
RCの壁はモクレンの木肌と主張の強い乳白色の花形を引き立てる。

このようにDSC05257

ノビノビ育てばこのようにDSC05266

これでは自由に開くことができない DSC05263
写真中央に気の毒な花。

でも何の因果か上と右側を拘束されDSC05260

何の因果か上と左右を拘束されている。これで、花はどう開くのか。下にしか逃げ道ないから、下唇の垂れ下がった、花が咲くことを予想した。

遅かった P3300331

時間がなくて2日後の3月30日。すでに散って、またとない機会を逃してしまった。

2018/03/30(金) 00:35:42|PHOTOダイアリー|

3月24日 お彼岸明け

平成30年 弥生(やよい)3月24日 旧2月4日は「お彼岸の明け」です。因みに(ちなみに)3月18日がお彼岸の入り。お中日(おちゅうにち)が21日の春分の日です。

コブシPG9P1622
コブシ

花こぶしPG9P1612

2018/03/24(土) 16:05:23|PHOTOダイアリー|

平成30年、昭和93年、大正107年、明治151年 弥生 3月21日 春分の日

2018年の春分は3月21日午前維持15分でした。(平成30年多賀暦)

雀の木
この日は都心でも雪。多摩は大雪、箱根は大騒ぎ。写真は前日の「雀の木」

2018/03/21(水) 23:44:19|PHOTOダイアリー|

ブロンズリーフというジャンル

銅葉(どうば)という言葉を初めて聞いた。

448銅葉Auto Rokkor PF 58miri f1tenn4 DSC04935
Auto Rokkor PF 58㎜fl.4/G9 オールドレンズ開放の不思議なボケ。

プリムラも改良が進み、シックな花が増えた。でも葉が野菜のようでいささか残念であった。これは「銅葉」好きの生産者が創った品種。

2018/03/21(水) 23:55:45|PHOTOダイアリー|

梅切らぬバカ とはいうものの

切られて ユンボで植え替えて。
鶴川根日記

頑張る梅②DSC06057
こんなに切っても

gannbariume.jpg
こんなになっても 花は咲く。

2018/03/16(金) 23:05:20|PHOTOダイアリー|

2018年3月11日

2018年3月11日

2018年3日11日

忘れないための桜。福島観光地化計画という本。オリンピック嫌いが東京オリンピック招致に賛成した意味。この時以外にはあり得ない除染実験、汚染水対策、廃炉作業の公表。海外の目が隠蔽に歯止めをかける。

2018/03/11(日) 07:02:26|PHOTOダイアリー|

臺(つぼみ)をかじれば 桜か梅か

始め桜で 後は梅

448梅 PG9P1368
20180224撮影

コロンとした梅のつぼみが、美味そうなので、かじってみた。硬いものは少し苦みがある。膨らんで花弁がのぞいているものは、春の味がする。不思議なのは一口目はなんだか桜のような味で、噛んでいるとほのかな梅の味になる。
2018/03/04(日) 01:21:01|PHOTOダイアリー|

ムッシュ猫柳

鶴川絵日記20180224

448ムッシュネコヤナギ ②

①monsieurネコヤナギPG9P1204

2018/02/24(土) 20:34:02|PHOTOダイアリー|

2018年 如月 23日 上弦 

2018年 如月 1910 上弦 
2018年 如月 2月23日19時10分撮影 

2018/02/23(金) 00:00:01|PHOTOダイアリー|

稲わらの保存

鶴川絵日記20180220

イナワらの保存絵日記DSC04878

2018/02/20(火) 00:21:32|PHOTOダイアリー|

エフロマニア⑤

エフロマニア⑤

えふろまにあ⑤

2018/02/15(木) 09:04:58|PHOTOダイアリー|

クラックマニア①

クラックマニア①

kurakku mania

ひび割れcrack物体に外力を加えたとき、可能な変形量を超えたときや物体に生じた内部応力が物体の強度を超えたときに発生する比較的小さな割れ目。(建築学会・建築学用語辞典)。

2018/02/10(土) 23:05:22|PHOTOダイアリー|

鶴川絵日記20180209

鶴川絵日記

新型炉魔訶P1000541
ロマンスカー新型車両試運転。新百合ヶ丘駅。

2018/02/10(土) 19:59:44|PHOTOダイアリー|

東京でも根雪?

鶴川絵日記201802030900

ロウバイA1240095
遅咲きのロウバイと缶詰屋根の小屋
寒波の雪解けず

2018/02/03(土) 00:46:14|PHOTOダイアリー|

過熟梅月

鶴川絵日記 201801312221

熟しすぎた梅

皆既月食。 全国で見られる皆既月食は2015年4月4日以来、約3年ぶり。
「1月31日午後8時48分ごろから月の一部が欠ける部分食が始まり、同9時51分から皆既月食に。約1時間20分後から再び部分食となり、1日午前10時11分に終わる。皆既月食は太陽と地球、月が一直線に並んで起きる。皆既月食中も太陽光の一部が地球の大気を通って月面を照らすため、赤銅(しゃくどう)色に見える。」国立天文台。

2018/01/31(水) 22:52:36|PHOTOダイアリー|

エフロマニア④

エフロマニア④

エフロマニア4 DSC00181

建築学用語辞典(日本建築学会編)では、えふろれっせんすeffrorescence :セメントを用いた材料の硬化後の表面に発生する白い綿上の結晶物、あるいは斑点状の生成物。白華(はっか)ともいう。(=鼻垂れ)

2018/01/29(月) 23:52:13|PHOTOダイアリー|

ビワの枝が梅を支える

&size(18){&deco(blue){''鶴川

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional